知りたい!不動産ナビ情報

長野の空家問題でお悩みの方へ向けて

親族が亡くなり、空家を相続で得てしまった。

しかし住むことはできない。

そんな時そのまま放置し、1年以上空家を持ち続けてしまうと特定空家として自治体が認定。

認定されてしまうと罰金や立ち入り調査が行われます。

万が一、罰金や立ち入り調査を拒否すると固定資産税が6倍になってしまいます。

6倍というととんでもない金額です。

そこまでして空家を持つ必要はありません。

そうなる前に、不要な空家は処分する必要があります。

長野市空家買取の場合はアットユーライフを売却先の1つとして選択肢に加えてもよいでしょう。

空家売却のポイントは何はともあれ、早く家を売り出すことが大切です。

また、家は空家の方が売れやすいです。

というのも、物がない状態で内覧をすることができ、その空間で生活するイメージができやすいことや、空家であればいつでも内覧することができるので高く売れます。

アットユーライフはそんな長野市の空家買取に取り組んでいます。