知りたい!不動産ナビ情報

玄関介護リフォームで外出を楽しく

家族の高齢化や、病状の悪化などにより玄関介護リフォームが必要になる場合があります

日本のほとんどの家が段差の大きな玄関なので、踏み台や式台を設置すると移動が楽になります。

高齢者にはこの段差が障害になります。

無理に越えようとすると転倒してしまう可能性があります。

スロープを設置したり、床を滑りにくい素材に変える。

段差解消スロープを付けることで車椅子や歩行器も対応し、出入りがとても楽になります。

雨の影響を受ける玄関は、濡れても滑りにくい素材にする事が大切です。

床は表面がザラザラで凹凸のあるタイルに変えると良いです。

また段差昇降機を設置したり、照明を設置したりします。

センサー付きなどの照明を設置すると防犯にもなって役立つのでオススメです。