知りたい!不動産ナビ情報

外壁調査で特殊建築物定期報告する

特殊建築物を竣工後は、定期的に特殊建築物定期報告を行うことが建築基準法において定められています。

その報告内容のひとつに、建築物の外壁調査が含まれています。

調査方法としてはロープアクセスによる打診法と、赤外線カメラを用いた赤外線調査法の2つの方法があります。

打診法の場合は、屋上からロープを吊るして壁面を打診棒で打診することで調査判定を行います。

様々な形状の建物に対応でき、非常に高い正確性を保っているため、補修工事を目的とした調査に向いています。

赤外線調査法の場合、打診法よりも正確性は劣りますが、現地では撮影を行うことが主な作業なので費用を抑えることができ、かつ安全性も十分確保することができます。